輸入薪ストーブ・国産薪ストーブ 
販売・設置・コンサルティング 

scroll





YAMAZAKI | 盛岡市中野
輸入薪ストーブ・国産薪ストーブ
販売・設置・コンサルティング

Take time to smell the roses and burn a stove.

のんびり人生を楽しもうよ
ストーブを焚いて

岩手県盛岡市中野 
薪ストーブプロショップ

薪ストーブの販売・設置からコンサルティングまで

煙突マイスターとしてメンテナンス不要の煙突設置をご提案いたします

Greeting

炎と暮らし、木と暮らす。 薪ストーブのある生活はまるで自然の中。

ご挨拶

煙突マイスター

山崎 宇照

takanobu yamazaki

biography

秋田県生まれ。
公務員の父親の転勤により東北各県にて生活した経験あり。
岩手県盛岡市に住んでまだ四半世紀を過ぎたところ。
1990年、パラグライダーを始めたことにより山荘の薪ストーブの虜となる。
1995年、精密機械メーカーの営業において木質ペレットの製造ラインと出会う。
2006年、ストーブショップの開業の誘いを受け業界入りとなる。
2009年、機械設備・消防設備等の知識を活かし「YAMAZAKI」を開業

あなたはストーブに何を求めますか?

暖房の為のもの。インテリアとしてのもの。アウトドア用の調理コンロもストーブである。
現代には燃料を燃焼させ熱エネルギーを利用する素晴らしい機器は多々あります。
暖まり方や暖かさの質にも違いがあります。
それぞれ特徴があり、それぞれに求められる理由があります。
そんな多種多様な機器の中、私は炎の揺らぎがあるものが大好きです。


2011年あの東日本大震災で私が以前住んでいた家も破壊されました。
直後、多くの人がストーブの炎に命と心を救われました。
炎を扱うことで人間は成長してきました。
炎と格闘することもありますが人間には炎が必要なのです。
特に薪ストーブの炎は何時間見ていても良いですね。
体の芯から温めてくれるのも最高です。
癒し効果抜群で心が温かくなりますよ。

のんびり人生を楽しもうよ ストーブを焚いて

Consulting‎

お客様にとって最適な薪ストーブをご提案いたします。

Woodstoves|Installation

取扱薪ストーブ | 施工例

Clients Logo
Clients Logo
Clients Logo
Clients Logo
Clients Logo
Clients Logo
Clients Logo
Clients Logo
Clients Logo
Clients Logo

Voice

お客様の声

新築の我が家に長年の憧れであった薪ストーブを設置。建築士さんはデザイン重視でしたが、憧れが先行して自分の家にはどんなストーブが最適なのか決めかねていました。なので、薪ストーブのプロに相談して正解でした。YAMAZAKIさんでは安全性とメンテナンス性重視で、更に使い勝手の良いレイアウト提案を頂きました。リビングのレイアウト変更も建築士さんと打ち合わせて頂き、今ではお二人に感謝です。

薪ストーブをすでに25年使っていましたが、いつもガラスが真っ黒で、こんなもんだと思っていました。しかしある時、車窓から見えたお店の中のストーブでは、まるでガラスが無いかのように、とても美しい炎が揺らめいていました。お店に入りお話を聞いていて、自分のストーブとは性能が違うからだと思ったら、そうでは無いと言われました。そこで家に来てもらいアドバイスをもらって改修したら、我が家の薪ストーブのガラスから真っ黒な煤がなくなりました。愛着のある薪ストーブ本体を買い替えなくても、こんなにきれいな炎が揺らぐなんて、今までの25年分が損した気持ちです。もっと早くに相談するべきでした。

3.11.あの震災で避難所の薪ストーブの暖かさに命を救われました。近代のライフラインを全て失った中、避難所に薪ストーブがあったおかげで何十人もの人が、体を温め、食べ物を煮込み、そして炎を見つめ、生きる力をもらいました。その後、高台に新居を構え、当然薪ストーブをつけました。お願いしたコンセプトは「家族の絆」です。薪ストーブを家の中心においてからレイアウトを考えましょうと、YAMAZAKIさんに奨められて、いつでも家族5人が薪ストーブの傍に集まっている家が完成しました。

今まで薪ストーブで過ごしてきて、薪もあと数年分は割ってありますが、高齢になるにつれペレットストーブの方が楽になると思いお店に行きました。薪ストーブとの違いを教えてもらい、巷の噂ではなく本当の良いところも気を付けるところも聞けました。使ってみると、薪のように数時間おきに薪をくべ足すことが無いし、ペレットの保管も楽なので、高齢の私には大変満足するものです。

主人が雑誌やネット情報を集め、薪ストーブの機種を決めてから、お店を訪ねました。いろいろ話しているうちに、主人の要望は却下されました。理由は、夫婦のライフスタイルを聞いてもらったうえで、いつも焚きつけるのは私だということ。簡単なメンテナンスなら主人がしたいけど、薪割りはできないということ。私の趣味がクッキングだということ。等々、様々なお話をしていたら、ある薪ストーブがお勧めですと言われました。日中家にいる私にとって、クッキングの楽しみが増しました。今では主人も大満足の一品です。

Yamazaki Blog

ブログ / 薪ストーブの話をしよう

Recommended Articles

Information

インフォメーション

Contact Us

お問い合わせ

Access

アクセス